RX−79[G] SW スレイヴ・レイス (HGUC)

  • 2017.07.22 Saturday
  • 00:04

RX−79[G] SW スレイヴ・レイス

 

 

製作に使用したキット

HGUC 陸戦型ガンダム GM ジムストライカー ガンダムEz-8 などを使用したセミスクラッチ

 

パイロットは特務部隊、スレイヴ・レイス所属の トラヴィス=カークランド通称フィクサー。

 

陸戦型ガンダムをベースに当時の最新機体の長所といえる パーツを先行テストの名目で詰め込んだ機体。

(頭部カメラはジムスナイパー供▲丱奪パックはジム改  肩部にジムストライカーなどのウェラブルアーマー、アンテナは  指揮官機用のEz−8などで使用された高性能アンテナを二基) と、模型的にいえばその機体のパーツを豪華にミキシングすれば それぽっく作れちゃう機体でモデラーとしてはついつい 手を出したくなる設定の機体…

 

なんですがこの機体がでるゲーム、 「機動戦士ガンダムサイドストーリーズ」にでてくるMSは 独特のモデリングでどちらかといえばRGを意識しているような グラフィックなのでそのまま作ろうとするとかなりの違和感が…

そのため設定画とにらめっこしながらHGとしてぎりぎりくどくならない ところと自分の腕とで相談して仕上げました。

 

くわえて頭部はセンサーの形状などを見るとそのままミキシングしても コレジャナイな形状になってしまうのでこのあたりは 本格的にいじることになりました。

ちなみに最初はもっと簡単に作れると思っていましたが意外と大改造になりました。

バックパックやふくらはぎ、肩のセンサー(翼端灯みたいなもの?)

や頭部のセンサーはメタリック塗装の上から各色のパールを コートしてみました。

バックパックはジャンクからですがHGUCのジムがベースです

太ももと股関節はHGUCのEz−8から 途中で思い立って改造しましたが可動範囲は大きく向上しました。

 

 

 

シールドはマーキングを入れるか迷ったのですが ジャブローの後は愚連隊みたいな立ち位置なので敢えていれず…

銃身はいつもの焼き表現を施してあります。

 

 

 歩き撃ち ゲーム中はこんな感じに動いてる時が多いかも

 

 

両手持ちももちろんできます

肩に関してはEz−8より陸戦型ガンダムのほうが上下にスイングできるので 好み。

 

カバーリングからの射撃

当時はこの動作がMSぽくないとか言われていました 

確かに軽すぎるしそんなことしたら自壊しそうですねw

 

 

 

 

コトブキヤのエフェクトパーツを使ってみました。

かっこいいんですが遊んでいると重さで手首が負けてきます・・・

 

 

リーダー機なので指差し手首も用意してみました。

 

 

遼機は適当な機体で… GO!!

 

 

指令を出すと前に出てくれるので頼りになりましたね

今は陸ジムもHGUCで出ているので色替えして並べてみてもいいかも

 

 

 

 

 

ビームサーベルでポージング

平手はバックパックと同じくHGUCのジムから

パイロットのフィクサーはあまり格闘・・・

というか操縦自体あまり得意じゃないみたいです・・・

が、声と父性でかなりいいキャラに仕上がっていました。

 

ビームライフル

この機体の強みです。

このゲームだとカメラサイトはピンクというか紫色なことが多いので サーベルのランナータグを切り出して接着しました。

 

 

射撃

ゲームだと中距離でも4〜5発当てないと倒せないのは… さすがに変ですよねぇ…?

 

 

こじらせるとこんな感じに SEED射撃です

似合いませんねw

 

おまけ

 

ごく初期の製作写真 頭とバックパックは大改造ですが基本的な形状は陸戦型ガンダムと

ジムストライカーだけでなんとかなりますので気になった人は 挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スジ彫りとかに手を出すと大変ですが…

クランイラスト 2人編

  • 2017.07.17 Monday
  • 19:39

今日はドラゴンズドグマオンラインのクラン

の集合イラストを…


実はお絵描きソフトをクリスタに変えてから初めて他のイラストとイラストを合成する事に挑戦していたのでいろいろ調べらながら作成していました。出来上がったのがまずこの背景




デザインコンサセプトはクランの象徴でもある紋章を横長の旗にしてみました。



題字を我らがクラマス、キンさんに書いていただきましてそれをゴールデンに加工したものを仕様しました。


キンさんありがとう!


そして、いよいよキャラを合成!




まだキャラは2人しか書けていませんが現在クラメンさんは4人いますので順をおって書いていこうと思います。


次回は我らが癒やし系パパのあの人を予定していますがその前に私のツイッターアイコンにする予定のリアル体型ユキノと暑中見舞いイラストを予定しております。そちらもお楽しみに!



ガンダム (アニメ風イメージ)

  • 2017.07.16 Sunday
  • 16:53

RX-78-2 ガンダム  (アニメ風イメージ)

 

いわずもがな、ガンダムといえばこのRX-78 ガンダム

 

昨今(でもないけどw)、立像プロジェクト。RGなどで精密な

デティールを追加され今どきのイメージがつよい初代ガンダムですが

依然とあるバーにて私の作品を展示していただいていた時に

やはり初代ガンダムが欲しいとのことで制作したのが今作です。

 

コンセプトは「アニメで見たガンダム」で

おじさん世代の多いそのバーではかなり好評でした。

 

基にしたのはMGのガンダムver2.0です

 

主に頭 肩 胴体 足首などを大幅に改修し

各部の分割線、リブデティールなどを埋めております

 

 

 

顔は隈取を大きく。マスク、あごなどはポリパテにて

作り直しました。

劇場版の作画や設定などを参考にしています。

 

 

 

武器を装備

ライフルやシールなどは好みの形状でしたので

ほぼ素組

塗装は設定画の青っぽいイメージの白を採用

 

先に濃い色を塗り明るい色でグラデーションをかけてあります

アニメ風って言ってるのに銃口には焼け表現を

施しているブレっぷり

 

 

後ろ姿

…はあまり大きく見た目が変えていませんね…

肩くらいでしょうか

 

 

 

第一話のビームサーベルでの斬りかかり

あおりでもイメージを崩さないように顔は気を使いました

 

 

 

コクピットだけを狙えるのか?

関節などは金属色を配しちらっと見えた時の

色気を演出しています

アニメ風っていtt(以下略

 

 

 

宇宙などでサーベルを引く抜くシーン

サーベルは根元を白でグラデ、全体につや消しを吹いてあり

発光しているようなイメージで塗りました。

 

 

サーベル刃は二種類用意しており

このようにしなったものも制作しました。

 

 

横から見るとこんな感じ

 

 

ガンダムハンマーももちろん製作しました

でも飾っておくにはなかなか難しい武器ですw

 

 

両手でライフル構え

このポーズは個人的に印象深いです

 

 

ライフルもメカ部分は金属色

シールド裏はもちろんあずき色です!(こだわり)

 

 

両手射撃、あれこれです

 

 

後ろからのショットだと肩引き出しのすごさが実感できますね

 

 

 

片手撃ち

 

 

おまけでSEED撃ち

かっこいいとは思いますが微妙に合わないですねw

 

 

哀・戦士のポスター風

 

半分に切れたシールドも制作しました

 

ア・バオア・クーでのいわゆる最終決戦仕様

バズーカ二丁にライフル、シールド装備の重装備です

実はこの形態大好きなのでバズーカ用意したりで

キットを二つ使っています

 

後ろ姿 

シールドとライフルの懸架がかっこいいですね

 

 

出撃!

ゲームのめぐり逢い宇宙の限定版パッケージ風です

 

 

 

…いるな…?

破損パーツは作っていないのでおまけ程度に

ラストシューティングバージョン

 

サーベルを加工して

ラストシューティング

肩の引き出しのおかげで様になりますね

 

 

ごめんよララァ…僕にはまだ帰れる場所がある…

 

視聴者が見られるガンダムの最後のシーン

ここから感動の脱出、再会シーンにつながるわけですね

 

目頭が熱くなります

 

 

以上です、長らくお付き合いありがとうございました!

 

 

 

 

リンクの追加や雑記など

  • 2017.07.15 Saturday
  • 15:49

本日はドラゴンズドグマで私がお世話になっているカボチャさんことPumpkin Rumpkinさんことキンさんの

ブログ 「だからお兄ちゃん、それアタシの紐ぱん」との相互リンクをさせていただきましたことをお知らせします。

 

すごいインパクトのあるブログ名ですが内容はゲームのことが中心でタイトルのようなR18てきなことはない…と思いますw

もし私の記事やイラストでドラゴンズドグマに興味がわいた方がいらしたらこちらへご相談いただくと私に言うよりも

スムーズにいくと思います。

 

 

あと今日オリジナルメカのスピリットR の記事を掲載しましたがこれからも過去の模型関連、イラスト関連をこちらにまとめていく予定です。

 

順番などは私の独断になりますので旧HPやツィッターを知っていただいてる方でこの記事がまた見たい!

などありましたらコメントいただけると優先して記事を作っていこうと思います。

 

次の更新は初代ガンダムにする予定ですのでお楽しみに!

RGX-8 スピリットR イラスト等あれこれ

  • 2017.07.15 Saturday
  • 15:18

 

今回は旧HPで模型ページのアイコンとして描いたスピリットのデフォルメイラストを

 

 

こんな感じです

こういうデフォルメのイラスト書くの好きなんですw

 

 

おまけ

 

私がPCでお絵かきを始めたころ…

というかHPを始めてから描いたイラストなのでもう10年以上前になるのかな?

まだ車など持っていなかったころ当時(今でもですけど)

憧れの車だったRX7のFDを疑メカにしてデザインしてみたのが

本機。

 

だからこの子の名前は

「GRX-7 バサースト」

になります

 

色々設定も考えてのちに立体化してみようとしたときにスピリット

に設定をアップデートして反映したためあちらの設定が

えらく長ったらしいことになってしまいました…

 

 

 

 

活躍などのイメージ

当時は機動性などを生かしてスナイプ位置に素早く移動して長距離射撃をするイメージ

 

今見るとあれですが当時はすごく頑張って書いていました。

 

途中イラストを描かなくなってからが長いので

あまり成長してはいませんけどね!w

RGX-8 スピリットR 

  • 2017.07.15 Saturday
  • 14:53

RGX−8 SPIRITーR 「スピリットR」

 

 

機体設定 登場想定作品…機動戦士ガンダム00 劇場版後

 

 この機体は極東の自動車メーカーM社が開発した試作機の8号機である。

 

本機は特徴的な動力機関、ロータリーGNドライブを搭載している

このドライブは擬似GNドライブを三角形の角を落としたような形状の ハウジング内に閉じ込め高速で回転させてハウジング内の余剰スペースに 擬似GN粒子を放出、圧縮することでオリジナルのGN粒子に極めて近い性質の 粒子を形成することに成功したまれな実験例である。

しかも何度か試作を重ね、圧縮された粒子は量産型の擬似GNドライブ を大きく上回る出力を弾きだしており最新鋭機のツインドライブ機体に迫るものと なっている。

 

しかもこのロータリードライブは擬似GNドライブ最大の欠点でもある 擬似粒子の毒性を完全に抜き人に、環境に優しい動力機関になっている。 M社はこの点を大々的にアピールしており支持を集めている。

 

またこの機体の特徴は動力機関だけではない。

GN粒子による機体の質量の減少効率及び 徹底的に追及され抜いた空力性能はこの機体に圧倒的な加速性能を与えた。

 

また先代の7型試作より採用された各部の抉れたような部位や ウイングの表面に配された黒色の部位はELSS装甲 (ExtremeLinearSharkSkinの略。直訳すると超電磁鮫肌装甲…) であり普段は通常のつるつるした表面であるがごく微量の電気を流す事により ささくれ立ち電磁波を伴った形状に変化する。

通常状態のときは何の効果もないこの装甲だが大気圏内で高速機動中に 発動させると様相が一変する。 ささくれ立った装甲が風を捕らえ、一気に抵抗を発生させる。

すべてを一度に発動させればただのエアブレーキにしかならないが 足などの一部に発生させるとGN粒子の質量減少に伴い 発動させた部分を基点に急速な軸による姿勢制御を可能にする。

空中で連続してこの機動を取ると縦に、横に、文字通り縦横無尽の 立体的なロール機動を行うことができ、敵機が自動照準補正を行っていた場合、 これを高確率で無効化することができる。 しかしコクピットに耐G処理を施してあるとはいえ、 接敵時はほぼ常に縦、横のバレルロールによる回転がかかったGに晒されることになり この機体を操るにはこのGを克服する必要がある。

 

また武装は腰のアーマーと一体化したGNビームブラストライフルが左右で二挺。

この兵装は特殊機動時に照準がつけづらくなることを見越して 近距離戦に移るとショットガンのようなビームを放つことが可能になる。 また高速戦闘時にはビームサーベルへの持ち替えがスムーズに行えなくなるため 砲身にビームを収束させるビームブレイドモードも搭載している。

しかし利便性を追い求めるあまり攻撃に関してはこの兵装に 依存しているためこの武器が何らかのトラブルにより 使用不可能になると本機は攻撃能力を失ってしまうのが最大の欠点である。

 

 

製作

私の模型製作の技術、デザインの集大成として当時の私の集大成として制作した機体です。

 MGのシェンロンガンダムEWのフレームにプラバンやパテで ほぼすべての装甲をスクラッチしています。

設定的にもデザイン的にも愛車、RX-8 スピリットRが デザインモチーフとなっております。 カラーリングもスノーホワイトパールマイカを意識しパールにて塗装しています。

 

 

後姿 空力を意識して前面にはアールのきた曲面を配したのに対し 後ろは軽量化に伴いフレームをむき出しにしてあります。 またバックパックは車のマフラーのような形状で ちょっとガンダムAGE1に似ているかもです。

中央にある三角のブロックがロータリーGNドライブです。
肩アーマーとウイングユニットをつなぐアームには HGのガンダムAGE2の腕を加工して使用しました

 

 

 

飛翔ポーズ

胸の形状はRX8のフロントを意識してありますが さすがにライトがあるのはおかしいと重いRX7のような形状にしてあります

ウイングは横にあるブレード、背面にあるブースターが可動します。

ブースターの下にある銀のプレートは放熱板としてデザインしました。

金属むき出しのイメージです。

 

俯瞰より

ひそかに太ももの上面などにロータリードライブの三角形の意匠があったりします。

 

腰のサイドアーマーからライフルを外し装備できます

格納する必要があったのですりあわせには苦労しました・・・

 

 

 

射撃ポーズ

 

銃口の下部には丸い形状の照準サイトがちょこんとあります。

 

 

 

ビームサーベルモード

可動範囲はMGのシェンロンガンダムに依存していますので かなり広く格闘ポーズなども難なくとれます。

 

 

両手にビームサーベル装着

 

 

後ろから

ライフルを抜いた後のサイドアーマーが確認していただけると思います

外した後はスラスターとして機能します。

 

 

機体設定にあるとおりぐるぐるバレルロールを繰り返し 膾切りにしていくイメージです

 

 

 

トドメ時などに 両手をクロスして… 溜め切り! 以上です。

 

長々とお付き合いくださいましてありがとうございました。

 

 

 

…おまけ

 

ごく製作初期の写真です まだまだシェンロンガンダムの部分が多いですね

 

 

 

サイドアーマーやライフルができる直前の写真です

 

 

後ろから

ライフルやバインダーなどの使用した素材がわかりやすいと思います。

 

 

ほぼゼロからのMSのデザイン、スクラッチはあまりしたことがなかったので 大変でしたがとても楽しんで製作できたと思います。

 

またいつかオリジナルで作りたいものです〜

クラン「Two Finger」の覚者イラスト計画その1

  • 2017.07.13 Thursday
  • 16:34

私はドラゴンズドグマオンラインというゲームにはまっておりまして、現在と新興クラン「Two Finger(2FG)」にてサブマスター兼お絵かき担当兼広報担当をさせていただいております。

 

その広報の一環としてクランメンバーのデフォルメイラストを描いていきツィッターやブログのカバーなどの横長の画像でゆくゆくはクラメンの集合イラストにしていきたいなぁ、と思います。

 

第一弾は我らがクラマス、Pumpkin Rumpkinさん、

通称キンさん!

 

ご本人がこのぽーずにしろっていったんですよ?w

キンさんはとても元気で明るい方でキャラのイメージは生意気な幼女、というイメージをいただいたのでこのような表情にさせていただきました。

元気、明るい、強い!三拍子そろったみんなを引っ張っていくリーダーという感じで書けたんじゃないかな?と思います

 

続いては私のゲーム内でのキャラ Yuki Noです。

 

 

キャラのイメージはクールポンコツなお姉さん

私がポンコツってだけな気もします…

 

と、こんな感じでイラストを描いていき背景としてクランな旗を置いてクラマスに書いてもらっ

た題字を入れて少しずつ壮大なイラストにしていこう、と思います。

 

クランに入って一週間体験していただきこの人なら大丈夫だな、と思えばこのようにイラストにしていきますので

ご興味があります方はぜひ我らがクラン、「2FG」のとびらをたたいてみてはいかがでしょうか!w

 

笑いの絶えない少人数のエンジョイクランですよ!(宣伝

 

 

はじめに

  • 2017.07.13 Thursday
  • 15:35

このブログは私、yuki-noの個人ブログです。

日々の雑記や作った模型や描いたイラストなどを紹介していく傍ら過去の模型、イラストなどを再掲載という形で配信していきたいと思います。

 

またドラゴンズドグマのクラン、「Two Finger(2FG)」の広報、報告などもこちらでさせていただきますのでよろしくお願いします。

 

まだデザインも決まっていないし拙いブログではありますがお気軽にご覧になっていただきコメントなど残していただけると幸いです。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM